貧は福。

「貧は世界の福の神」という諺がありますが、「貧すれば鈍する」ではなく「貧すれば得をする」と信じる白洲三四郎が、独自の節約術、断捨離術、ミニマリストふう生き方などを配信。

ミニマリストは旅人に似ている?

ミニマリストという言葉が流行っていますね。ファッション用語とまでは言いたくありませんが、かなりスタイリッシュな意味でミニマリストという言葉は使われているようです。

聴いた感じも、カッコよく、似た意味で使われる「断捨離」みたいな仰々しさがありません。

ミニマリストのブロガーさんにお聞きしたところ、ミニマリストは若い年代に多く、男性も多い、断捨離をしている人は主婦が多く、年齢層も高いそうです。

こうした「ミニマリスト」ブームに、私自身は少し違和感を覚えています。

断捨離も、ミニマリストも、本来は、決して格好いいものではないと私は日々強く感じるようになってるから。

本来の旅が、決して楽しいばかりでなく、茨の道も珍しくないのと同じように、ミニマリストへの道も、平坦であるはずがないと私は思うのですが、いかがでしょうか?

応援クリックに、感謝です♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ

旅人

最近、時間が空くと見ているテレビドラマに「俺たちの旅」があります。 

中村雅俊が主演した、1970年代半ばに放送された古いテレビドラマです。

好きなドラマではあったのですが、このドラマに「旅」というタイトルが使われている意味がよくやくわかった気がしました。

人生が旅であるという概念が生きていた時代だったのですね。同時代に放送された山田太一ドラマに「男たちの旅路」がありますが、ここにも「旅」が入っています。

「俺たちの旅」は青春期のドラマ、「男たちの旅路」は生きるということを真正面から見据えた人生ドラマです。

正直、「男たちの旅路」は文句なく名作ドラマだと言えますが、「俺たちの旅」は、B級ドラマぐらいに思っていました。

しかし、今回「俺たちの旅」を見返してみて、このドラマこそ「持たない暮らし」の中で、登場人物が体全身でひたむきに生きようしていることから、ミニマリスト的な生き方を考える上で最良の参考書であるとさえ感じたのです。

「俺たちの旅」の中村雅俊が演じる主人公は、貧乏だから物が持てないわけではなく、物を捨てて持たない暮らしをしているのでもありません。

物だけでなく、常識や一般概念や社会通念、はたまた恋愛からも縛られない自由な生活を目指して苦悶している、と同時に全身で楽しんでる

自由は気軽ではありますが、線路の上を走れないので、安楽ではありません。この安楽ではない「非束縛状態」の中にこそ、本当の豊かさがある気がしてなりません。

したがって、ミニマリスト的な生活とは、カッコイイ暮らしを意味するのではないのですね。

ですから、ミニマリスト的生き方は、自由で余計なものを持たないけれど、独立独歩であるがゆえに、ある意味、不格好な生き方だと言えます。

ひたむきな恋愛が重労働であるのと同じように決してラクではない、そんな気がしているのです。

真剣に相手を愛した恋愛は、なりふりかまわない無様さを露呈してしまうもの。スタイリッシュな恋愛などに真の充溢感はありません。

ミニマルライフは、極めてゆけば、ひたむきな青春が寂しく悲しいように「はかない孤独な旅」に似てくるのでしょう。

断捨離を目指し、ミニマリストに憧れる人が求めるキーワードである、夢、希望、幸福、豊かさ、創造性などは「はかない孤独な旅」の中にこそ息づくののかもしれません。

旅が人生にたとえられる時代でもなく、旅人という職業もあるはずはありません。吟遊詩人という言葉も死語となった今、どんな旅の形を求めるべきなのか、それが問題ですね。